雀トップ 麻雀ルール

ルールとマナーを守る

ルールとマナーを守る

雀トップはルールとマナーをしっかりと守り、お客様に快適に麻雀をお楽しみ頂く事を約束致します。

初心者の方にも安心

初心者の方にも安心

麻雀ファン、又は初心者の方にも当雀荘メンバーが優しく分かりやすく教えるサービスを実施しております。是非、当雀荘で麻雀を覚え、楽しんでいって下さい。

ルール

雀トップのルールは、下記の通りとなっております。下線のある用語は、マウスのカーソルを合わせると、説明が表示されます
また、Wikipediaにて麻雀用語の一覧が取り扱われておりますので、下記の他に麻雀用語を知りたい方は、こちらもご参照下さい。

3人打ちルール表 -全レート共通-

(1)35,000 点持ち、40,000 点返し。東南回し。
(2)根っこまでいく。(流しは役満)
(3)完全先付け。門前選択無し。但し、食いタン、後カン、鳴き一通、鳴きチャンタ及び門前王手飛車は認める。
(4)七対子の4枚使い有り。
(5)フリテンツモ無し。同順ツモ無し。
(6)ウーピン、ウーソウはオールドラ。ドラゴン牌はドラ扱いで完全晒し。
(7)ツモ上がり面前を問わず、1,000 点加符する。
(8)積みは1本につき1,000 点加符。
(9)場ゾロ2翻。16翻以上は数え役満。
(10)緑一色は『發』が無いと役満にならない。四連刻は役満。萬子の混一色は役満。
(11)オーラス続行なし。トップになった時点で終了。40,000 点以上で選択。
(12)北は役牌扱い。
(13)同順ツモ、同順の食い直しはできない。
(14)ドラゴン牌を1人で4枚全て使うと、ドラを2枚めくれる。
(15)40,000 点以上でトップの権利が発生する。箱下計算無し。点数計算もある分のみ。
(16)東場南場に限らず、親はオーラス以外、ノーテンで流れる。
(17)返り東の場合、誰かが40,000 点以上になった時点で終了。
(18)リーチ棒は和了取り。但しダブロンの場合は上家取り。
(19)チョンボは倍満払い。親:8,000点 子:4,000点
(20)子のチョンボは東場のみ流れる。親のチョンボはオーラス以外全て流れる。
(21)フリテンリーチ、ノーテンリーチは流局時チョンボ。リーチ解消は1巡までOK。和了放棄。但し下家が捨牌する前であれば和了に行くことができる。
(22)空ロンは倒牌しない限り和了放棄。
(23)晒し間違いは、その牌での和了放棄。
(24)リーチ後のカンは自由。送りカンはなし。
(25)空ポンは1,000 点罰符を供卓すれば解消できる。罰符を出さない場合は、その色に関する一切を和了放棄とする。
(26)責任払いは一切無し。多牌、少牌は和了放棄。(判明した時点でポン、カンは無し)

マナーについて

雀トップでは、マナーとして下記を定めさせて頂いております。マナーを守り、楽しく快適な麻雀をして下さいます様、お願い致します。
マナーとは他の方への気遣いです。知らない人同士が集まる場所で、皆様に楽しく遊んでいただくためにお願いしておりますm(_ _)m 店側からの再三のお願いにもかかわらず改善して頂けない場合、当店へのご来店をお断りすることがございます。ご了承ください。また、お客様間のマナーに対する注意はトラブルの元になりますので、何かありましたらスタッフまでお願いします。

(1)暴力団関係者、威圧的な風体の方、同業者の方の入場はお断りいたします。後で判明した場合も以降の入場をお断りする場合がございます。
(2)泥酔している方(当店がそう判断した場合)の入場はお断りいたします。
(3)当店のルール・マナーを守っていただけない方や、揉め事の多い方、大声を出される方は入店後も当店の判断で退店していただきます。
(4)先ヅモは絶対厳禁です。ツモ牌に触れてからの仕掛け、出あがりは一切できません。
(5)発声は卓上の挨拶です。卓内の皆様に聞こえるようにはっきりお願いします。出アガリは「ロン」、ツモアガリは「ツモ」でお願いします。「ちょっと待って」や「一発」などはお止め下さい。
(6)打牌の強打は禁止です。ソフトにお願いします。
(7)倒牌時は両手でお願いします。
(8)倒牌時は必ず理牌をして下さい。(入り目も含む)
(9)伏せ牌は禁止です。
(10)三味線やあがり批判など、他の方が不愉快になるような行為はお止め下さい。
(11)捨て牌は6枚切りで行ってください。
(12)山は必ずエレベーターラインより前に出し、嶺上牌は下ろしてください。
(13)親は全員が配牌を取り終えてから、一打目を切ってください。
(14)河に牌の一部が一瞬でも触れたら捨て牌と見なされます。
(15)進行中の局に関する発言はゲーム性を損なったり、トラブルの原因になる場合もありますので、ご遠慮下さい。
(16)立ち見・助言は禁止です。
(17)鼻歌・口笛・舌打ち・口三味線等は禁止です。
(18)引きヅモ等、あがりと紛らわしい行為はお止め下さい。
(19)点棒・祝儀は手渡ししたり、投げたり滑らしたりしないで、必ず相手の手元に取りやすいように置いてください。
(20)卓の上での立てひじ・いすの上での立てひざ・あぐらは禁止です。
(21)リーチのときは必ず牌を切る前・もしくは切ると同時に発声してください。
(22)点数計算・符計算が苦手な方は、あらかじめ同卓の方に一言お願いします。
(23)流局時ノーテンの場合手牌を伏せてください。
(24)麻雀中の電話やメールは気分を害される方もいらっしゃいますので代走を頼むか、控えるようにしてください。
(25)リーチ後であっても他人の手牌を覗いたり、上がる前に裏ドラを見たりしないで下さい。
(26)タバコを吸われる方は同卓の方に煙がかからないようにお気をつけ下さい。
(27)卓上に吹きかける行為や置きタバコはご遠慮下さい。
(28)スタッフの本走中の麻雀には制約はございません。ご了承下さい。
(29)卓内でのトラブル・揉め事に関しては、スタッフの裁定に従ってください。
(30)当店ではご終了の際、ラス半コールをお願いしています。極力ゲーム開始時にお願いしていますが、ゲーム途中になった場合でも必ずスタッフまでお伝え下さい。

発声ははっきり

発声ははっきり
楽しく打てればみんな勝者!

打牌はソフト

打牌はソフト
グッドプレイヤーで遊んでいただきありがとうございます!

点棒は相手の側にソフト

点棒は相手の側にソフト
楽しく打てればみんな勝者!

ツモ牌もソフト

ツモ牌もソフト
グッドプレイヤーで遊んでいただきありがとうございます!

上家の打牌のあとにツモ

上家の打牌のあとにツモ
粋に遊ぼう!

お店のスタッフにも優しい

お店のスタッフにも優しい
粋に遊ぼう!

麻雀入門

必要な人数

麻雀は4人を基本としていますが、3人で遊ぶ場合もあります(その場合、特にサンマと呼ばれます)本入門では、3人打ちルールを説明していきます。

必要な道具

麻雀で最低限必要な道具について説明していきます。

麻雀マット・麻雀卓

麻雀をプレイするためのマットや、机の事です。これが無くてもプレイ出来なくはないですが、非常にプレイし辛い為、出来れば揃えましょう。また後の回で説明しますが、麻雀牌をマットの端に付けたりする場合が頻繁にある為です。いきなり麻雀机や麻雀卓を買うよりは、最初はマットを買う方が良いでしょう。値段が圧倒的に安く、場所も取らない為です。特に、折りたたみ式や組み立て式のものにすると使わないときに収納出来て便利です。価格は安いもので大体2000円前後です。

麻雀牌

麻雀をプレイする上で必須です。これが無ければ、当然プレイ出来ません。麻雀牌には「練り牌」と「竹牌」があります。基本的には、練り牌を使うのが良いでしょう。雀荘の全自動卓等では、練り牌が使われている為です。また、サイズが小さい牌等も売られていますが、最初に使うのは普通のサイズの牌が良いでしょう。サイズが小さいと牌の操作がし辛い為です。しかも、麻雀牌が小さくても結局麻雀マット分はスペースを取るので、省スペースでプレイ出来るわけでもありません。

麻雀ルール